>  > 自分も気分屋なんです

自分も気分屋なんです

条件が揃っているからと言って必ず風俗を利用するわけではないんです。そこは自分も気分屋なので、利用する時もあれば、そんな気分出はない時もあるんです。こればかりは本当にどうなるのか分からない部分なんですよね。でも風俗を利用するのは気分ではありますけど、それ以上に大切になってくるのが何といってもシチュエーションです。お金、時間、自分の体力、余力、そして次の日。風俗を楽しむ際はこれらを考えるんですよね。でも、これもあくまでも参考というか絶対ではないんです。どれも条件が厳しいような時であっても利用する時は利用するようにしていますね(笑)そこはもう気分を優先するよう心掛けています。むしろ気分が乗っていないのに風俗を利用するよりは、気分が乗っている時の方が断然快感だって高まるんです。そう思ったら、風俗は気分次第で利用するのもある意味では当然のことなんじゃないかなと思いますし、間違いじゃないのかなと(笑)

風俗でも慣れは大切。実感しています

慣れというか経験ですね。これは風俗でもとても大切なものだなって思うようになりました。慣れてくると風俗嬢が何をしたいのかやその行動の裏にはどんな意味が隠されているのかが分かるようになってくるので、それなら自分はどうすべきなのか。いわば風俗の世界におけるある種の予定調和を理解できるようになるんですよね。だから風俗でも慣れはとても大切だと思っています。慣れることによって全然意味合いが違うものなんだなって理解出来るようにもなりますしね。そこは本当に個人の趣味の領分だとは思うんですけど、自分自身としては風俗もやっぱり経験が大切だなと実感しています。女の子こそ経験が大切って思うかもしれませんけど、経験があればその女の子を上手くコントロールすることだってできるようになるじゃないですか。だから経験はあって困るようなものではないんです。つまり、風俗って利用すればするほどもっともっと楽しくなってくるサービスってことです。

[ 2016-09-24 ]

カテゴリ: 風俗体験談